Tag Archives: 認知症

5月 未掲載記事

増税1カ月 低所得者を直撃、生活保護費引き下げに支出増(カナロコ by 神奈川新聞) <年金保険料>納付率が4年ぶり60%超えの見通し(毎日新聞) 口唇裂の子らに手術を ミャンマーへ医師派遣、寄付募る 幼稚園・保育園での […]

身元保証人:入院時、必要2割 介護入所は3割 民間全国調査

 全国の病院の2割、介護施設の3割が「身元保証人」を入院や入所の必要条件としていることが、民間団体の調査で分かった。頼める相手がおらず、必要な医療や介護を受けられない単身者や高齢者が現実に出ており、個人の身元保証に代わる […]

相談シート:全世帯へ配布 介護や医療、福祉…連絡先記載 宇城市、心中未遂事件受け /熊本

昨年10月に宇城市で夫が認知症の妻を殺害しようとした心中未遂事件を受け、市は、高齢者の相談窓口である市地域包括支援センターの連絡先を記載したマグネットシートを作製した。介護や医療、福祉などに関する相談先を高齢者やその家族 […]

「老夫婦“家出”に介護者関与」記事に反響 家族へ説明なく…なぜ

三月十三日の暮らし面で、名古屋市内の八十代の要介護夫婦が“家出”をし、介護従事者と行政が関与する中、家族が蚊帳の外に置かれた問題を扱った。掲載後、身内の介護経験のある人や介護従事者らから、家族への配慮の必要性を訴えたり、 […]

認知症が原因で行方不明 9607人

12年の届け出 警察庁調べ  警察庁は25日、認知症が原因で行方不明になったとの届け出が2012年に9607人分あったと明らかにした。231人は12年中に発見できず、13年に入ってから53人見つかったとしている。  衆院 […]

認知症の老老介護、限界 JR列車事故控訴審

事故の補償制度求める声  愛知県大府市で認知症の男性の徘徊(はいかい)中に起きた列車事故について、遺族が損害賠償を求められた訴訟。24日の名古屋高裁判決は、家族の介護体制に理解を示したものの、損害の半分は賠償すべきだと判 […]

認知症男性の列車死亡事故 妻のみ監督責任

名高裁 JRへの賠償は半減 裁判所が指摘した家族の賠償責任  愛知県大府市で2007年、認知症の男性=当時(91)=が徘徊(はいかい)中に列車にはねられて死亡したのは、家族が監督を怠ったためとして、JR東海が振り替え輸送 […]

「JR側も安全責任」弱者への配慮要請

認知症列車事故 控訴審判決  愛知県大府市で認知症の男性の徘徊(はいかい)中に起きた列車事故をめぐる24日の名古屋高裁の判決は、原告のJR東海にも安全責任への社会的責務があるとした。  「個々に気の毒な事情があることは承 […]

介護のジレンマ 川崎市が解消に挑戦 「健幸福寿プロジェクト」始動

「健康で幸福」な生活こそ高齢者本人や家族の願いの一方、要介護度が改善すると事業者の報酬が下がってしまうジレンマを解消しようと、川崎市は二十三日、幹部職員らによる「かわさき健幸福寿プロジェクト」を設置した。本年度策定する二 […]

介護職:低い賃金で疲弊 相次ぐ離職「仕事夢ない」

過酷さの割に賃金が低いと指摘される介護職。政府も手は打ってきたものの、依然、他業種との格差は埋まらない。人材確保には、賃金アップか外国人の活用か−−。ここへきて国の姿勢も揺れている。   常夜灯がぼんやり照らす廊下を、お […]