Tag Archives: 災害支援

【災害支援】現在までの被災者支援情報(まとめ)

 現在までの被災者支援情報をまとめました。各種情報をご確認の上、一人でも多くの方のご協力をお願いいたします。 被災地支援・災害ボランティア情報 全社協 被災地支援・災害ボランティア情報・全国社会福祉協議会・全国ボランティ […]

県災害派遣福祉チーム:福祉版DMATが発足 最大27チーム編成可能 /岩手

大規模災害時、避難所で高齢者や障害者らに特有のニーズを把握し、関係機関につなぐ「県災害派遣福祉チーム」が県内で発足した。DMAT(ディーマット)と呼ばれる災害派遣医療チームの福祉版として、東日本大震災後に全国で準備が進ん […]

チャイルドハウスふくまる 26日オープン 被災児童らをケア

いわき市四倉町に建設が進められていた被災児復興支援施設「チャイルドハウスふくまる」は26日、オープンする。屋内遊び場を設けたほか、定期的に臨床心理士による心の相談事業を行い、被災者を支援する。施設を運営するNPOふくしま […]

<福島第1原発事故>行き場失う障害者 13通所施設休廃止

福島第1原発事故によって、30キロ圏内にある福島県相双地区の10市町村で障害者・障害児の就労や活動の場を提供していた通所施設28カ所のうち、半数近くの13カ所が休廃止されていることが毎日新聞の取材でわかった。避難先で再開 […]

東電、要介護者に追加賠償 月1万〜2万円

東京電力は17日、福島第1原発事故により避難を余儀なくされた要介護者と介護者に対し、避難生活の負担が大きいとして、精神的損害の賠償金を追加して支払うと発表した。追加額は月1万〜2万円。  避難区域の住民で、2013年11 […]

被災3県、要介護者急増 宮城、増加率18%、全国ワースト

東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島の各県で要介護認定を受けた人数(5月末)の震災後2年間の増加率が、宮城が18.8%増でワーストとなるなど、全国平均を大きく上回っていることが3日、分かった。特に3県沿岸部の自治体で軒 […]

震災孤児の里親、1割超が国の支給制度利用せず

東日本大震災で両親を失った孤児241人のうち、1割超の30人を引き取った親族が、公費で生活費などを支給される「里親制度」を利用していないことがわかった。  親族自身も高齢で被災し、不安を抱えている可能性があるのに、里親登 […]

震災2年半、ボランティア今も 津波かぶった土地で汗

東日本大震災から2年6カ月となる11日、仙台市若林区の津波をかぶった土地で、汗を流すボランティアの姿があった。参加した武蔵野大学(東京)の山岸史奈さん(18)は「実際に足を運んでみないと分からないことがある。微力ながら力 […]

東北3県の民生委員、半数超欠員 負担増で待遇改善の声も

東日本大震災で大きな被害に遭った岩手、宮城、福島3県の沿岸部など42自治体のうち、半数以上の22自治体で「地域の世話役」の民生委員の欠員が計136人出ていることが、各自治体への取材で10日、分かった。  震災から11日で […]

東日本大震災2年6カ月特集 原発避難と介護

高齢者の負担「切実」 “生活激変”たまる心理的なストレス  東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で避難生活を余儀なくされている住民が向き合う切実な問題の一つに介護が挙げられる。特に原発事故で避難区域などがある双葉郡8町 […]