Tag Archives: 東京都

6月 未掲載記事

流動・介護食展示 ショールーム「栄養ラボ・天神」開設へ : シニアニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞) 【まぜこぜエクスプレス】「本当の福祉」伝える – MSN産経ニュース 性同一性障害もう […]

ハンセン病 国の差別、後世へ残す 群馬・草津に資料館

「重監房」、一部を再現  ハンセン病患者を劣悪な環境で収容した施設「重監房」。かつて全国で唯一、国立ハンセン病療養所の栗生楽泉園(くりうらくせんえん)(群馬県草津町)にあった負の遺産を後世に残そうと、厚生労働省が一部を再 […]

高齢者向けの野菜調理 誤嚥防ぎ、おいしく

繊維断ち、10分程度下ゆで  高齢者の食事で気を付けたいのが、誤嚥(ごえん)。老化で食べ物をかむ力やのみ込む機能が弱くなり、うまく働かなくなるからだ。誤って唾液や食べ物が気管に入ると、肺炎を引き起こしかねない。調理の基本 […]

君が代不起立で教員2人減給処分 東京都教委

東京都教育委員会は30日、入学式の君が代斉唱時に起立しなかったとして、都立板橋特別支援学校と都立淵江高校の教員計2人を減給10分の1の懲戒処分とした。期間はそれぞれ1カ月と6カ月。  都によると、2人は4月の入学式で君が […]

東京)先生の声が聞こえる、話せる 町田の日本聾話学校

日本聾話(ろうわ)学校(町田市野津田町)は、音の聞こえにくい子が残された聴力を生かし、「聞く力」をつけることを目指す。同校で学ぶ0歳児から中学生の聴力を補うのが、独自に開発した「赤外線補聴システム」。音で言葉を覚えながら […]

介護職:低い賃金で疲弊 相次ぐ離職「仕事夢ない」

過酷さの割に賃金が低いと指摘される介護職。政府も手は打ってきたものの、依然、他業種との格差は埋まらない。人材確保には、賃金アップか外国人の活用か−−。ここへきて国の姿勢も揺れている。   常夜灯がぼんやり照らす廊下を、お […]

訪問診療 控える例も 「荒稼ぎ」防止 報酬削減で余波

四月からの診療報酬改定で、厚生労働省は在宅医療に対する報酬の一部を大幅に引き下げた。高齢者施設で一度に大勢の患者を訪問診療して報酬を受け取る医師の「荒稼ぎ」を防ぐ狙いだが、経営が成り立たないとして訪問診療から手を引く動き […]

独居高齢者、2035年に762万人 10年比53%増

一人暮らしをする65歳以上の高齢者が全国で急増し、東京都では2035年に約104万3千人となり、10年より61%増える。そんな推計を国立社会保障・人口問題研究所が11日に公表した。独居高齢者の増加率は、沖縄県や東日本の大 […]

特性ある発達障害児の学習支援 排除しない教育の一歩に

発達障害がある子どもの学習をどう支援していくか、学校現場で模索が始まっている。一つのモデルが「ユニバーサルデザイン化された授業」。読み書きや計算が苦手といった障害の特性に配慮し、工夫した指導方法だ。ここで光が当たるのが「 […]

子どもの死、4%防げた 成育医療研センター調査

最多は、染色体異常や出生時の重症仮死など  国立成育医療研究センターの森臨太郎医師らのグループが、東京都内の医療機関で2011年に死亡した5歳未満の子どもの状況を調査し、浴槽での溺死など約4%(10例)が予防可能だったと […]