Tag Archives: 子育て支援

6月 未掲載記事

流動・介護食展示 ショールーム「栄養ラボ・天神」開設へ : シニアニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞) 【まぜこぜエクスプレス】「本当の福祉」伝える – MSN産経ニュース 性同一性障害もう […]

介護離職防止へ 政府が100社で実証実験

仕事と介護 両立モデルを導入 介護離職者の内訳  政府は、家族の介護のために仕事を辞める「介護離職」を防ぐため、仕事と介護を両立させるのに有効な支援制度を実際に企業に導入してもらって課題を探る実証実験の事業を4月から始め […]

性別変更後「母親」に 国内初か、養子縁組認める

性同一性障害で男性から性別変更した大阪府の30代女性が結婚後、里親の「母親」として児童養護施設から引き取った男児(3つ)との特別養子縁組を申し立て、大阪家裁に認められたことが2日、女性への取材で分かった。  GID(性同 […]

親不同意でも特別養子縁組 宇都宮家裁「子の福祉のため」

他人が出産した女児を出生直後から七年間育ててきた栃木県の五十代の夫婦が、特別養子縁組を結べるよう求めた家事審判で、宇都宮家裁が実の親の同意がなくても「子どもの福祉のため」と縁組を認める決定をしていたことが八日、分かった。 […]

チャイルドハウスふくまる 26日オープン 被災児童らをケア

いわき市四倉町に建設が進められていた被災児復興支援施設「チャイルドハウスふくまる」は26日、オープンする。屋内遊び場を設けたほか、定期的に臨床心理士による心の相談事業を行い、被災者を支援する。施設を運営するNPOふくしま […]

<福島第1原発事故>行き場失う障害者 13通所施設休廃止

福島第1原発事故によって、30キロ圏内にある福島県相双地区の10市町村で障害者・障害児の就労や活動の場を提供していた通所施設28カ所のうち、半数近くの13カ所が休廃止されていることが毎日新聞の取材でわかった。避難先で再開 […]

東京)先生の声が聞こえる、話せる 町田の日本聾話学校

日本聾話(ろうわ)学校(町田市野津田町)は、音の聞こえにくい子が残された聴力を生かし、「聞く力」をつけることを目指す。同校で学ぶ0歳児から中学生の聴力を補うのが、独自に開発した「赤外線補聴システム」。音で言葉を覚えながら […]

日本財団、特別養子縁組を支援 6月から募集

日本財団は10日、戸籍上も養父母の実子と同じ扱いになる「特別養子縁組」の普及を目指し、民間のあっせん団体に資金協力すると発表した。1団体当たり1千万円を上限に運営費を助成、6月から募集を始める。  特別養子縁組は主に6歳 […]

ママや妊婦さんの味方です 沖縄第一交通、支援タクシー発進

タクシー事業を展開する沖縄第一交通(那覇市、稲益強社長)は妊娠・子育て中の女性支援を目的とした「ママサポートタクシー」サービスを14日、開始した。同日、那覇市の同社天久営業所で出発式を行った。  ママサポートタクシーは、 […]

ベビーカーと車いす兼用へ 畳まず乗車 優先スペース

国土交通省の協議会が三月、電車内などでベビーカーを畳まなくてもよいとする共通ルールを決めたことを受け、鉄道各社が対応の検討を始めている。ベビーカーの優先スペースを設け、車いすの優先スペースと兼用にする方向が有力だ。利用者 […]