Tag Archives: 地域生活

認知症が原因で行方不明 9607人

12年の届け出 警察庁調べ  警察庁は25日、認知症が原因で行方不明になったとの届け出が2012年に9607人分あったと明らかにした。231人は12年中に発見できず、13年に入ってから53人見つかったとしている。  衆院 […]

認知症の老老介護、限界 JR列車事故控訴審

事故の補償制度求める声  愛知県大府市で認知症の男性の徘徊(はいかい)中に起きた列車事故について、遺族が損害賠償を求められた訴訟。24日の名古屋高裁判決は、家族の介護体制に理解を示したものの、損害の半分は賠償すべきだと判 […]

認知症男性の列車死亡事故 妻のみ監督責任

名高裁 JRへの賠償は半減 裁判所が指摘した家族の賠償責任  愛知県大府市で2007年、認知症の男性=当時(91)=が徘徊(はいかい)中に列車にはねられて死亡したのは、家族が監督を怠ったためとして、JR東海が振り替え輸送 […]

「JR側も安全責任」弱者への配慮要請

認知症列車事故 控訴審判決  愛知県大府市で認知症の男性の徘徊(はいかい)中に起きた列車事故をめぐる24日の名古屋高裁の判決は、原告のJR東海にも安全責任への社会的責務があるとした。  「個々に気の毒な事情があることは承 […]

和歌山県内の介護者 4分の1が75歳以上

高齢者が高齢者を介護する「老老介護」状態が和歌山県内でも進行していることが、県の生活意識調査で浮き彫りとなった。65歳以上の要支援・要介護者に聞いた「主な介護者」の年齢は、約4分の1が75歳以上。65歳以上は約56%、6 […]

認知症事故訴訟 控訴審判決を前に

24時間監視は不可能 社会の支え必要  愛知県大府市の認知症の男性=当時(91)=が電車にはねられたのは家族が見守りを怠ったからだとして、JR東海が遺族に賠償金を求めた訴訟の控訴審判決が24日、名古屋高裁で言い渡される。 […]

障害者自立へ専用マンション 神戸・垂水、全国初

ヘルパーが常駐し、自立を支援する身体障害者向け賃貸マンションが6月、神戸市垂水区に完成する。マンション内では知的障害者の就労を支援する事業も行い、共有スペースの清掃は知的障害者が担当。将来的にはスタッフとして雇用するとい […]

宅配情報にレシピ 在宅介護の「食」手助け

県栄養士会は、自宅で療養するお年寄りや介護者らのための「宅配弁当店マップ」と、身近な食材で簡単に調理できる「おたすけレシピ」を作った。栄養バランスを重視し、療養者のかむ力、飲み込む力などに配慮したメニューや調理法を紹介。 […]

長崎)佐世保市社協が「成年後見センター」設立

佐世保市社会福祉協議会は、成年後見制度の利用を支援する「させぼ成年後見センター」を今月、開設した。手続きをサポートし、必要に応じて市社協が後見人を引き受ける。急速な高齢化を背景に、親族以外の第三者の支えを必要とする人が増 […]

見守り機能せず孤独死放置 国のシルバーハウジング

全国にある国の高齢者向け集合住宅「シルバーハウジング」で、本来の目的の生活援助員による見守りが機能せず、孤独死した高齢者が長期間放置される事例が、首都圏で4件起きていたことがわかった。運営する地方自治体による援助員の管理 […]