Tag Archives: セルプ(社会就労センター)

駿河区役所に「わ・ハハ」開店 手作り授産品並ぶ

静岡市内23の障害福祉事業所が共同で授産製品を展示・販売する店舗「わ・ハハ」が4月、駿河区役所内にオープンした。障害者自身が接客する店舗で、市役所静岡庁舎に続く2カ所目。市は「多彩な授産製品を知ってもらいたい」と話してい […]

障害者育成大豆のしょうゆ販売 社会参加へ大きな一歩 長野

多機能型事業所「エコーンファミリー」(長野市)に通う障害者たちが栽培した大豆を原料にしたしょうゆが、県内のスーパーチェーンの店頭などで販売される。障害者らが作った商品が、一般メーカーの製品と肩を並べて売られることは珍しく […]

障害者がカタログ作成、小物や菓子80種PR 茅ケ崎

茅ケ崎市内の障害者が通う就労支援施設や、そこで作られている製品などを紹介したカタログが、このほど完成した。デザイン編集や印刷などの作業を手掛けたのも、障害者自身。商品に対するこだわりや、自立への思いが込められている。   […]

神戸の12福祉事業所 統一ブランドで枕とテディベア製品に

神戸市内で菓子や織物などを作る福祉事業所12施設が、統一ブランド「神戸ハンドメイドコレクション 杜(もり)」を立ち上げ、第1弾として国産ヒノキのチップを詰めた枕と「さをり織り」で仕上げたテディベアを完成させた。(那谷享平 […]

障害者就労施設の商品などPR 姫路市がHP作成

兵庫県姫路市内の障害者就労施設で作った商品や、施設の作業内容を広くPRするホームページ(HP)を、市がつくった。商品購入や、施設への作業発注に結び付けるのが目的。利用者を増やすことで、障害者の工賃アップも図っていく。   […]

間伐材、古木をまきに加工、販売へ 東近江の障害者施設

滋賀県東近江市妹町の障害者就労移行事業所「あいとう和楽」が地元住民らの協力を得て、間伐材や古木を使ったまき作りを始めた。通所者らが加工し、高齢者介護デイサービス施設やレストランが入る「あいとうふくしモール」(同市小倉町) […]

味に定評、たまに失踪 障害ある料理長、愛され4年

味に定評はあるが、たまに料理長が姿を消してしまう中華料理店が宇都宮市東峰町にある。料理長は精神障害の治療をしながら腕を振るう。「障害者だって本格的な中華を作れるってことを示したい」。明るい人柄と、ほのぼのした雰囲気が地元 […]

自家栽培の丹波野菜、レトルト食品に 南丹の授産施設

京都府南丹市園部町横田の知的障害者授産施設「あしたーる工房」は、自家栽培した丹波黒豆やナスを使ったカレーなどのレトルト製品を開発し、10月1日から販売を始める。利用者の収入増に結びつけたいという。  同工房は同市日吉町上 […]

大型店に授産品販売店常設 京丹後、4法人合同で

京都府京丹後市で障害者福祉に関わる4法人が、授産製品を合同で販売する店舗「くりくり」を9月5日、ショッピングセンター・マイン(同市峰山町)に開設する。授産製品の店舗を大型商業施設内に常設するのは、府北部で初めての取り組み […]

ヒラタケ生産へ菌床作り めひの野園作業センターふじなみ

障害者の就労を支援する社会福祉法人「めひの野園」の作業センターふじなみ(富山市西金屋)は、呉羽丘陵で伐採された竹を利用し、試験的にヒラタケを生産する。10月に県が開く竹林管理に関する行事で、里山再生に取り組む関係者らに紹 […]