お泊まりデイの安全確保 運用指針を施行

静岡県は、通所介護事業所(デイサービス)による介護保険対象外の宿泊サービス「お泊まりデイサービス」の運用指針を1日、施行した。
 安価で気軽に利用できるとして需要が増えているお泊まりデイは近年、事業所数を伸ばす一方、外部チェックが入りにくいことから安全面や衛生面での問題点が指摘されている。県は「制度外の事業だが、一定のルールが必要」と全国6例目の指針策定に踏み切った。
 指針は、「宿泊室は個室が最も望ましい」「同性同士の宿泊を」などと利用者のプライバシー保持を強く要請する。その上で連泊は上限30日、利用定員はデイサービスの2分の1以下かつ9人以下などと定めている。
 事業所から運営内容の定期報告も求め、毎年公表する。初年度の2014年度は6月末までに収集し、8月に実施する方針。
 県は当初、今年初めの施行を目指していたが、「制度外の介護事業に県が関与すべきでない」などの反発が関係団体から上がり、調整を続けていた。
 県によると、13年11月末時点の県内のお泊まりデイ事業所数は128カ所。78カ所だった同年1月の1・6倍に急増した。

◇指針の主なポイント
・連続利用日数は30日が上限
・従業員は常時1人以上を確保
・利用定員はデイサービス定員の2分の1以下かつ9人以下
・宿泊室は個室
・事業所から情報の報告、公表(毎年)【出典:2014年05月01日 静岡新聞】

他県ではどうだろうか・・・

《関連記事》

Leave a Reply

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)