カボチャ焼酎:自立へ障害者が栽培 仕込み始まる、来月にも発売 /福島

鮫川村赤坂西野の授産施設「鮫川たんぽぽの家」で、知的障害者らが栽培したカボチャを「カボチャ焼酎」として商品化することになり、白河市年貢町の千駒酒造で6日、仕込み作業が始まった。12月初めにも発売する。

 「施設利用者が働いて給料を得る」という、自立を目指した取り組みの一環。24人が村内の畑で種まきから収穫までを担い、この日の仕込み作業も利用者5人が手伝った。
 焼酎に向いているという品種「白い九十栗」を約450キロ使い、720ミリリットル入りで1500本を製造する。同施設で1本1500円で販売する予定。施設の職業指導員、鈴木悟さんは「ラベルをオーダーメードにするなど、愛着を持ってもらえるように工夫したい」と話した。【出典:毎日新聞】

どんな味がするんだろう。美味しそうだ

《関連記事》

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

1 Trackback to "カボチャ焼酎:自立へ障害者が栽培 仕込み始まる、来月にも発売 /福島"

  1. on 2013年11月26日 火曜日 at 15:52:20