Monthly Archives: 1月, 2012

県内初「子ども病院」に 県総合医療センター新病棟

県総合医療センター(岐阜市)で計画されている重症心身障害児の入所機能を備えた新病棟は、障害児だけでなく小児医療の拠点として整備されることが分かった。小児外来を移し、専用の検査部門を新設して、県内初の「子ども病院」の機能を […]

高齢者らの財産を管理=2月1日から扱い―4信託とりそな

三菱UFJ信託銀行など4信託銀とりそな銀行は2月1日から、後見人制度を利用している認知症の人や未成年らの財産を信託銀が管理する「後見制度支援信託」の取り扱いを始める。  家庭裁判所が、必要に応じて後見人に制度を紹介。家裁 […]

東日本大震災:沿岸被災地、小中学校統廃合の動き 少子化・転出、「一貫校」も /岩手

沿岸被災地では震災の影響による児童・生徒の減少を受け、小中学校の統廃合を検討する自治体が出始めている。大槌町は17年度から町内の全小中学校を、小中一貫校1校にする案を住民側に提示。陸前高田市でも13年度から小中学校の一部 […]

<全面禁煙>小児や生活習慣病患者の治療施設 厚労省方針

厚生労働省は30日、子どもや生活習慣病患者が通院、入院している医療機関について、規模にかかわらず屋内を原則全面禁煙とする方針を決めた。同省の調査(08年)では、建物内の全面禁煙を実施している医療機関は63.8%にとどまっ […]

不登校:子どもに寄り添い、向き合う 松戸の支援グループ「ひだまり」、手記集め小冊子 /千葉

◇親と子の20編「家族が学んだ宝物」  94年から不登校問題に取り組むグループ「不登校問題を考える東葛の会 ひだまり」(松戸市)が、学校に行けない、行かないという悩みや苦しみに、正面から向き合った子どもや親たちの手記をま […]

車いすの搭乗予約断る 格安航空ピーチ社

三月に就航する日本初の格安航空会社(LCC)の搭乗予約をした電動車いす利用の身体障害者、大久保健一さん(35)=兵庫県西宮市=が今月中旬、車いすの大きさを理由に予約を取り消されたことが分かった。大久保さんは「規定のサイズ […]

名古屋唯一のブラジル人学校閉鎖へ

名古屋市内唯一のブラジル人学校「コレージオ・ブラジル・ジャパン」(港区新船町1)が閉鎖されることになった。景気の低迷で親が働く場を失うなどして生徒数が減り、月謝を払えない家庭も増えて経営難に陥ったためだ。親たちは「子ども […]

EPA外国人第1陣、介護福祉士試験臨む 95人受験

経済連携協定(EPA)で来日し、介護施設で働いているインドネシア人とフィリピン人計95人が29日、介護福祉士国家試験に臨んだ。介護福祉士国家試験は3年の実務経験が必要なため協定下で来日した人たちの受験は今回が初めて。大阪 […]

50年後の出生率、上方修正1.35 人口問題研が推計

国立社会保障・人口問題研究所は30日、2060年までの将来推計人口を公表した。48年に総人口が1億人を割り、60年には8674万人まで減る見通し。一方、女性が生涯に産む子どもの数(合計特殊出生率)の50年後の見通しは1. […]

災害時要援護者:避難支援強化へ ガイドライン見直し

自力で避難するのが難しい障害者や高齢者ら「災害時要援護者」について、政府は東日本大震災を受け、被害実態の調査と「避難支援ガイドライン」を見直すことを決めた。大震災では障害者の死亡率が高く、障害者団体などが被害の公的調査と […]