Monthly Archives: 7月, 2011

石綿救済:厚労省が全死者調査の方針

石綿健康被害救済法(石綿救済法)で定めた特別遺族給付金制度が終了する来年3月を前に、厚生労働省は全国の法務局に保管されている死亡診断書を閲覧し、対象者を掘り起こす方針を固めた。救済漏れを最小限にするため。東日本大震災の被 […]

アルツハイマー型認知症、新薬続々 体に貼るタイプも

アルツハイマー型認知症の治療薬の発売が今年に入って相次いでいる。国内ではこれまでエーザイの「アリセプト」だけだった。各社は「高齢化が進み、確実に伸びる市場」と期待する。  小野薬品工業は19日から「リバスタッチパッチ」の […]

給料、契約の7割だけ 熊本の病院、外国人看護師候補に

経済連携協定(EPA)に基づき2008年に来日したインドネシア人看護師候補者の男女2人に対し、受け入れ先の西日本病院(熊本市)が、雇用契約書に記された給料の3分の2しか支払っていなかったことが27日、わかった。期間は2年 […]

災害時、医療隊を効率よく配置 コーディネート役整備へ

災害時に全国から被災地に集まった医療チームを効率よく避難所に配置するため、厚生労働省は27日、全国に「災害医療コーディネーター」(仮称)を整備する方針を決めた。少なくとも、全国に約500カ所ある保健所単位で1人配置するこ […]

児童虐待認定件数が過去最多 22年度、ネグレクトなど増加 京都市

京都市は、平成22年度の児童虐待の認定件数が742件と過去最多を記録したと発表した。身体的な虐待やネグレクト(育児放棄)などが増え、これまで最多だった20年度の622件から約20%増加。市は「虐待増加の原因究明とともに、 […]

お中元:「なら風ギフト」を 県内福祉施設で製造・販売、6商品集めカタログ /奈良

障害者をITで自立支援するNPO法人「地域活動支援センターぷろぼの」(奈良市)が、県内の福祉施設で製造・販売している豆腐やプリンなど6商品を集めたカタログ「なら風ギフト」を作った。お中元商戦に挑み、既に計200点以上を売 […]

視覚障害者「ヘルスキーパー」で雇用開拓 無料派遣も

マッサージやはり・きゅうなどの国家資格を持った視覚障害者が社内で従業員に施術する「ヘルスキーパー(企業内理療師)」という職種を広め、障害者雇用の促進につなげようと、京都府視覚障害者協会(京都市北区)が企業への売り込みに力 […]

いろはのい:生活保護 雇用悪化で受給者急増

「健康で文化的な最低限度の生活」(憲法第25条)を保障する生活保護制度の受給者が急増しています。今年3月には200万人を突破し、戦後の混乱が残っていた制度開始の翌年、1951年度に迫る数となりました。かつての受給者は高齢 […]

三重近鉄タクシー:子どもだけでもOK 「子育て世代を応援」 名張で県内初 /三重

三重近鉄タクシー(四日市市)は8月1日、名張市内で子どもだけでも利用できる「子育てタクシー」の運行を始める。県内初の取り組みで、同社は「地域密着型のサービスで子育て世代を応援したい」としている。  子育てタクシーは、乳幼 […]

日本女性平均寿命86.39歳 やや低下、世界一は維持

日本人女性の2010年の平均寿命は86.39歳で、5年ぶりに前年を下回ったものの、26年連続で長寿世界一を維持した。男性は79.64歳と5年連続で過去最高を更新。順位は前年より一つ上げ、世界4位だった。男性より高齢化が進 […]