Monthly Archives: 6月, 2011

夏野菜

 今年、初めてのナスをいただく。  庭先の家庭菜園で採れたものだ。  まだ、少し固さがあったが、炒め物にして夕食のおかずになった。  とても美味しかった。  ナスの他には、トマトも赤い実を付け始めた。  近々、収穫が出来 […]

政治不信

ここ二、三日の国会での様子を見聞きしていて思う。  「この国の政治、政治家って、一体何だろう」と。。。  最初、笑えない冗談を言っているのだと思った。  そのうち歯がゆさを感じ、怒りを覚えた。  ただ、ただ呆れて、哀しい […]

老人ホーム勧誘トラブル、業者名公表し注意喚起

「東日本大震災の被災者が入居することになるので支援にもつながる」などと言って、「温泉付有料老人ホームの利用権」の購入を電話で勧誘していた業者について、消費者庁と国民生活センターは24日、東京都内の4業者名を公表し、勧誘に […]

道外アイヌ、年収300万未満44%=全国平均上回る―初の実態調査

政府のアイヌ政策推進会議(座長・枝野幸男官房長官)の作業部会は24日、北海道外に居住するアイヌの生活実態の調査報告書を初めてまとめた。年収300万円未満の世帯は44.8%、生活保護の受給世帯は7.6%で、それぞれアイヌを […]

子育てサロン:大垣市、全中学校区に??14カ所目 /岐阜

「子育て日本一」を目指す大垣市が、市内の各中学校区単位に開設している「子育てサロン」が23日、同市南頬町の南地区センターに開設された。今回で14カ所目で、これで全校区にサロンができたことになる。  南地区センター2階のホ […]

B型肝炎訴訟和解へ基本合意書を確認 原告と国

集団予防接種をめぐるB型肝炎訴訟の和解協議が24日午前、札幌地裁であった。原告側と国側は、和解のための基本合意書を結ぶことを確認した。合意書には、原告側が求めていた国の謝罪のほか、和解金額、救済対象などが盛り込まれている […]

9割以上が生活保護受給=ホームレス向け住居入居者―厚労省

厚生労働省は23日、NPO法人などが運営するホームレス向け生活サービス付き格安住居についての調査結果を公表した。昨年6月末時点で全国に488施設があり、総入居者1万4964人のうち9割以上が生活保護受給者だった。運営者が […]

必要な情報一冊に、旭区で福祉冊子発行/横浜

横浜市旭区内の福祉施設などで構成される「旭区地域自立支援協議会」が、区内の障害者が利用できる作業所や相談機関約200カ所を紹介した冊子「みんなで暮らそう旭区」を発行した。  同協議会は障害者自立支援法に基づき、2007年 […]

ハンセン病:「違憲」10年 人足りず、介護の質低下??全療協会長に聞く

◇進む高齢化、入所者に新たな被害  国の強制隔離政策を違憲としたハンセン病国賠訴訟熊本地裁判決(01年5月)から10年がたった。節目を迎え、元患者の名誉回復と追悼を目的とした碑が厚生労働省内に建立され、22日に除幕式が行 […]

震災遺児の4割が小学生以下 「長期的支援が必要」

東日本大震災で両親または父母のどちらかを失った遺児の43%余りが、0歳から小学生までの幼い子。民間の奨学団体「あしなが育英会」が27日、そんな分析結果を発表し、長期的な支援の必要性を訴えた。  同会は返済不要の一時金を遺 […]