Monthly Archives: 5月, 2010

<支援住宅システム>身ぶりなどで家電も操作 実用化目指す

障害者が自立した生活をするのを支援する住宅システムを、産業技術総合研究所や国立障害者リハビリテーションセンター研究所、ミサワホーム総合研究所が開発した。音声や身ぶりで、テーブルや椅子を動かし家電製品も操作できる。数年後の […]

知的障害者の就労支援を目指してオープンしたパン工房が開店1周年/秦野

知的障害者の就労支援を目指し昨年オープンした、秦野市南矢名の社会福祉法人かながわ共同会秦野精華園のパン工房「ラポールセイカ」が開店1周年を迎え、 27日から記念セールを行う。同園では「パン作りは技術的にも高い評価を得てい […]

山陰バリアフリーの旅:障害者らの弾みに 島根・鳥取のNPOがガイド本作製 /島根

島根、鳥取両県のNPO法人が、障害者や高齢者に両県への旅行に興味を持ってもらおうと、観光スポットなどのバリアフリー情報をまとめたガイドブック「山陰バリアフリーの旅」を作り、無料で配布している。  島根、鳥取の11地域の観 […]

弱者駐車場:2制度に困惑 県と公安委、異なる交付条件 相互利用できず不便 /鳥取

高齢者や身体障害者、妊婦らのために県が創設した「ハートフル駐車場」と、県公安委員会が指定する「高齢運転者等専用駐車区間」という似通った制度が別々にあり、使い勝手が悪いと評判はいまひとつだ。それぞれに申請する必要があり、「 […]

生活保護受給者への老齢加算廃止は適法 高裁も請求棄却

70歳以上の生活保護受給者に原則として支給されていた「老齢加算」を2006年度に国が廃止したことの是非が問われた訴訟の控訴審で、東京高裁は27日、原告側の請求を退けた一審・東京地裁判決を維持し、原告側の控訴を棄却する判決 […]

朝鮮学校「無償化」検討の会議、非公開で開く 文科省

鈴木寛・文部科学副大臣は27日の定例記者会見で、朝鮮学校を「高校無償化制度」の対象から外した措置を解除できるかどうかを検討する専門家会議の初会合を26日に開いたことを明らかにした。事後発表になったことについて鈴木副大臣は […]

EPA介護福祉士候補者向け「日本語学習用Web辞書」公開

経済連携協定(EPA)に基づきインドネシアやフィリピンから来日した介護福祉士候補者に向けた、日本語学習用のWeb辞書が公開された。介護福祉士の国家試験や介護記録でよく使われる専門用語を自動翻訳するシステムで、誰でも無料で […]

児童扶養手当、父子家庭にも拡大 改正法が成立

低所得の母子家庭に支給されている児童扶養手当を父子家庭にも広げる改正児童扶養手当法が26日、参院本会議で全会一致で可決、成立した。非正規労働者の増加などを受け、低収入の父子家庭の生活を支援する。  新たに対象となる父子家 […]

厚労省元局長の公判 供述調書の大半、証拠採用せず

郵便割引制度を悪用した偽の証明書発行事件をめぐり、虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚生労働省元局長の村木厚子被告(54)の第20回公判が26日、大阪地裁であった。横田信之裁判長は、村木元局長の事件への関与を認めたと […]

地域生活定着支援センター:高齢者や障害者、出所後の自立を支援 来月開設 /大分

刑務所や少年院を出た高齢者や障害者の自立を促そうと、国が全国に整備を進めている「地域生活定着支援センター」が6月1日、県内でも大分市府内町に開設される。高齢者や知的障害者は、自ら生活保護申請などが難しいため、出所後の支援 […]