Monthly Archives: 11月, 2009

「匿名でないと預けに来ない」赤ちゃんポスト病院理事長

赤ちゃんポスト「こうのとりのゆりかご」について熊本県の検証会議が最終報告を出したのを受け、運営する慈恵病院(熊本市)の蓮田太二理事長が28日、熊本市役所で記者会見した。報告は、子どもが出自を知ることができない匿名での受け […]

赤ちゃんポスト:「匿名の排除」求める 子供の権利を考慮??検証会議

親が育てられない子供を匿名で受け入れるために熊本市の慈恵病院が設けた「赤ちゃんポスト」(こうのとりのゆりかご)の長期的課題を検討してきた熊本県の検証会議(座長=柏女(かしわめ)霊峰(れいほう)・淑徳大教授)は26日、最終 […]

産科診療所、3年で半減 小児科も減少 厚労省調査

全国7714施設の一般病院のうち、小児科があるのは38%、産婦人科・産科が19%で、過去10年にわたり減り続けていることが、26日に厚生労働省が公表した調査でわかった。3年ごとに調べる診療所数でも、両診療科ともに減少。特 […]

自殺防止、ハローワークに心の相談窓口 政府が緊急対策

厳しい雇用情勢が続く中、年末・年度末に自殺者が増えるおそれがあるとして政府は27日、「自殺対策100日プラン」をまとめた。3月までの対策として、ハローワークで心の健康相談を年末・年度末に実施することや、商工会議所で経営者 […]

ビッグイシュー:路上生活者の自立支援雑誌、金沢でも カトリック教会が支援 /石川

◇「販売通じ社会とつながり」−−来月から  路上生活者の自立を支援する雑誌「ビッグイシュー日本版」が来月から、金沢市内で販売される。売り上げの半分以上が収入になる仕組みで就職を支えてきた同誌。発行元のビッグイシュー日本( […]

点字機器:障害者の就労支援 表示部品で世界トップ、小川のKGS社 /埼玉

◇より使いやすく、開発に情熱  点字を表示する電子機器の部品で世界シェアトップを誇る企業が小川町にある。この部品を内蔵し視覚障害者がメモを取ることもできる点字ディスプレーなど、各種の点字機器を生産し販売もしている「ケージ […]

えと飾り・しめ縄作り:知的障害者通所授産施設でピーク−−日南 /宮崎

日南市風田の知的障害者通所授産施設「つよし共働センター」(上野俊明施設長、利用者31人)で、恒例のえとの飾りとしめ縄作りがピークを迎えている。  えとの飾りは合板を糸のこで型取りし、色を付ける。職員が成形と絵付けをし、通 […]

エイブルアート:障害者から創造力引き出そう 佐伯の授産施設で授業 /大分

◇芸術の能力再発見を−−28日から展示会も  障害者が潜在的に持つ芸術の能力を引き出そうと、佐伯市長良の知的障害者授産施設「さつき園小島」が、「エイブルアート」の授業を取り入れている。今年1月から講師を招いて月2回開いて […]

障害者の87%が負担額増加=自立支援法施行で−厚労省調査

厚生労働省は26日、障害者自立支援法の施行に伴う利用者負担の実態調査の結果を発表した。同法は福祉サービス利用に原則1割負担を課しているが、 1827人分のサンプルについて施行前月の2006年3月と今年7月を比較したところ […]

ネコのあくび:普天間

巨大な影が空をよぎった。「那覇の人にもわからないですよ。すごい音なんだから。政府があれこれ言うもんだから、また深夜早朝の発着陸をやるようになった。嫌がらせですよ」。米軍機の爆音の下、国道を走るタクシーが右にハンドルを切る […]