Monthly Archives: 12月, 2008

「年越し派遣村」日比谷公園に31日開村 食と住居提供

急激な雇用環境の悪化の中で迎える年末年始。「派遣切り」などで仕事と住居を失った労働者らに、食事と寝泊まりできる場所を提供しようと、労働組合や支援団体などが31日〜1月5日、東京・日比谷公園に「年越し派遣村」を開村する。期 […]

いのちの電話ピンチ 相談員足りず、終日対応半数に

自殺予防のため、様々な悩みや不安に耳を傾ける「いのちの電話」の相談員が、全国の49センターすべてで不足し、原則とする「365日24時間」の活動ができているのは半数以下にとどまることが、朝日新聞社のアンケートでわかった。雇 […]

元日、2日は24時間特別相談 東京自殺防止センター

悩んだり苦しんだりしている人の声を電話で聴く活動を続けているNPO法人「東京自殺防止センター」(新宿区)は、元日と2日、24時間態勢の特別相談を実施する。不況による解雇など厳しい社会情勢のなか、正月に孤立感を募らせて自殺 […]

募集イベント:介護しませんか 不況下の“人手不足”深刻−−来年1月31日 /大阪

◇浪速区で来年1月31日  府内で障害者の在宅支援をする福祉団体が来年1月、共同でヘルパー募集を訴える初のイベント「福祉・介助者ポジティブキャンペーン2009」を開く。不況で若年層が働く場所を失う一方、介護現場では人手不 […]

犯罪者に「社会奉仕」導入へ=懲役刑の一部執行猶予も−法務省

犯罪者の保護観察中に「社会奉仕」を義務付ける新制度が導入される見通しになった。また、懲役・禁固刑と執行猶予の中間的な処遇として、一定期間懲役刑などに服した後、残りの刑期は執行猶予とする「一部執行猶予制度」も導入する方向だ […]

医療施設「免震構造」でも医療機器転倒などの被害

医療施設では「免震構造」でも長周期地震動を受けると、人工透析装置などの医療機器が転倒するなど、施設内部では大きな被害が出かねないことが、防災科学技術研究所の実験で確認された。防災科研は、医療機器の固定など病院の地震対策を […]

厚生年金記録改ざん、第三者委通さず社保事務所で訂正へ

厚生年金の記録改ざん問題で、社会保険庁は、従業員の記録がさかのぼって改ざんされていた場合、総務省と各地の年金記録確認第三者委員会を通さずに、社会保険事務所で記録を訂正できるようにした。年金受給者らの記録回復を早める狙い。

難病の日比国際児に支援を 日本人の父急死、寄付訴え

日本人の父とフィリピン人の母の間に生まれた4歳の女児が難病に苦しんでいる。父は昨夏に亡くなり、母子はフィリピンに残された。母は薬代を稼ぐのがやっとで、女児はきちんとした受診もできない。日比国際児を支援する現地の民間団体が […]

<社会保障協定>8カ国目・豪と1日発効 年金二重払い解消

日本、オーストラリア両政府間の社会保障協定が1月1日に発効する。企業の海外駐在員らが、現地と日本で年金保険料などを二重払いしなくても済むように結ぶ協定で、発効はオーストラリアが8カ国目。日本企業が多数進出する主要国はほぼ […]

不況で虐待増加懸念 紀南児童相談所(和歌山)

紀南児童相談所(田辺市明洋)が4月から11月末までに受け付けた児童虐待の相談件数は48件だった。虐待の加害者は実母が最多で、0歳〜小学生の低年齢の子どもに被害者が多い。昨年同時期に比べて11件少ないが、虐待の背景には経済 […]