Monthly Archives: 11月, 2008

フリーペーパー:作業所の良品を満載 障害者支援で八王子のNPOが創刊 /東京

◇地域とのつながり願い  八王子市内にある心身障害者の地域作業所で作った商品を紹介するフリーペーパーが今月、創刊された。学校教育を終えた障害者の居場所や就労の場として役割を果たす作業所だが、課題は販路の確保など対外的な取 […]

特養ホーム虐待問題、容疑者特定できず不起訴 岡山地検

岡山市の特別養護老人ホーム「阿知の里」で平成18年、複数の入所者の体にあざが見つかり、岡山県警が容疑者不詳のまま傷害容疑で書類送検した問題で、岡山地検は27日、嫌疑不十分で不起訴処分にした。

介護職員の待遇改善 厚労省が具体案提示

平成21年度の介護報酬改定について、厚生労働省は28日、介護職員の待遇改善策として、専門資格を持つ人や経験豊かな職員を多数雇用している介護事業者に対し介護報酬を手厚く支払うなどの具体案を、社会保障審議会(厚労相の諮問機関 […]

無保険:福山市、「無保険の子」解消へ 親が国保滞納の18歳以下 /広島

福山市は26日、親が国民健康保険料を滞納して「無保険」状態となっている市内の18歳以下の子ども370人(218世帯、10月1日現在)を、来年1月1日から保険給付の対象とすると発表した。医療費の全額自己負担が必要な世帯でも […]

スペシャルオリンピックス:派遣費の寄付呼びかけ

知的障害や発達障害のある人たちが日ごろのスポーツの成果を競う第9回スペシャルオリンピックス冬季世界大会が来年2月7?13日、米国アイダホ州で開かれる。NPO法人・スペシャルオリンピックス日本(東京都港区)の有森裕子理事長 […]

出産育児一時金:38万円から一律増 厚労相会合で確認

舛添要一厚生労働相が主宰する「出産育児一時金に関する意見交換会」の初会合が27日開かれた。出産育児一時金(全国一律35万円・09年1月から38万円)を拡充したうえで都道府県別の金額にするという舛添氏の提案に対し、日本産科 […]

改正児童福祉法:参院で可決成立 施設内虐待対策など新設

児童福祉施設での虐待対応策や新たな養育制度などを盛り込んだ改正児童福祉法が26日、参院本会議で全会一致により可決・成立した。ねじれ国会の余波による廃案から5カ月遅れで、ようやく改正が実現した。

「もの忘れカフェ」の挑戦 認知症の本人もケアに参加

滋賀県で生まれた「もの忘れカフェ」という名のユニークなデイサービスが、認知症ケアに新風を吹き込んでいる。同県守山市で「もの忘れクリニック」(藤本クリニック)を開く藤本直規院長が、スタッフとともに始めた医療とケアの新しい連 […]

<要介護認定>「買い物」など加え74項目に

厚生労働省の要介護認定調査検討会は25日、介護保険制度の新しい要介護認定の調査項目を承認した。現在82あるチェック項目から「電話の利用(ができない)」「皮膚疾患(がある)」などの14項目を除き、新たに「自分勝手に行動する […]

「私は過敏症」カードで治療間違い防止 患者団体考案

「私は過敏症です」。化学物質などに体が過敏に反応する症状に悩む人たちのグループが、こんな言葉を記した名刺大のカードを東海地方で普及させようと取り組んでいる。過敏症の人には、事故や急病などで緊急の治療をする際、適切な薬剤を […]