Monthly Archives: 8月, 2008

脳卒中患者らに退院圧力も 入院基準厳格化で

障害者対象の病棟や難病患者らの特殊疾患病棟で、10月から脳卒中や認知症が原因で障害がある患者の入院基準が厳しくなる。これらの患者の割合が少なければ入院は可能だが、多いと医療機関に医療費がこれまでのようには支払われなくなる […]

生活保護通院費、不適正が6.2%=ずさん処理、8割以上に不備−厚労省調査

厚生労働省は19日、生活保護受給者に支給される医療機関への通院移送費について実態調査の結果を発表した。対象とした1086件のうち、書類の不備が912件(84.0%)、不正・不適正とみられるものが67件(6.2%)見つかっ […]

高齢社会をよくする会:介護保険のプロが支援します 川越で草の根団体設立 /埼玉

◇利用者の悩み、ケアマネジャーのこと…  川越市内のケースワーカーなど介護保険に携わるプロが、現場で困っている利用者を支援しようと「高齢社会をよくする会in川越」(須賀博理事長)を発足させた。設立記念として、9月28日に […]

<後期高齢者医療>自治体通知「軽減措置」反映ゼロ

後期高齢者医療制度(75歳以上)で、7月に加入者へ送付した保険料の決定通知書に、政府・与党が6月に決めた軽減措置を完全に反映させられた自治体は一つもないことが毎日新聞の全国調査で分かった。一部だけ反映させたところも6府県 […]

介護施設で老いを考えた

/1 どの施設を選ぶか /宮崎  ◇「入所まで長い順番待ち」は誤解  今こうしている間にも、私たちは老い続けている。しかし、その老いの日々を過ごす介護施設をどれだけ知っているだろうか。特別養護老人ホーム、グループホーム、 […]

遠き親へ:シリーズ介護・第1部 会社員・高木さんの場合

◇休暇を活用、度々帰省??母とメール交換、状況知る  故郷を離れた企業戦士は親の老いとどう向き合えばいいのだろう。大手IT企業に勤める東京都府中市の高木秀雄さん(55)は、鳥取県米子市の父(85)と母(78)を遠距離介護 […]

厚労省:介護事業所、職員確保へ公費援助 賃金制度整備促す

人手不足が深刻な介護職員を確保するため厚生労働省は、職員の能力や資格、経験に見合う賃金制度を導入した介護事業所を公費で支援するシステムを09年度に創設する。介護未経験者の介護業界への就職を目指し、未経験者を採用した事業所 […]

障害者扶養年金で68件未払い=加入者死亡把握せず−長崎県

長崎県が行っている「心身障害者扶養共済制度」で、保護者の死亡後に支払われるはずだった年金が障害者に給付されなかった事例がこれまでに68件あることが13日、分かった。県が加入者の死亡を把握していなかったことが主な理由で、県 […]

高齢ドライバー:運転免許証の自主返納が急増 渋谷、品川両区で支援事業 /東京

◇住民基本台帳カード、発行手数料を免除−−ユニークな特典も…来月から  高齢ドライバーで運転免許を自主返納した人が、今年7月末で3103人(昨年同期比2183人増)だったことが警視庁交通総務課の調べで分かった。高齢者によ […]

県立3病院:未収金2億超える 滞納者の86%「生活困窮」−−07年度 /茨城

県立3病院で、患者から回収できない医療費の未収金が年々膨らみ、07年度決算(速報値)で2億円を超えたことが分かった。滞納理由は86%が生活困窮で、医療費の自己負担割合の増加などが背景にあるとみられる。国民健康保険料の長期 […]