Monthly Archives: 7月, 1998

メッキ細工の「ゆたかさ」

先月、ある裁判の判決があった。 90歳を越えるという母親が、重たいハンディキャップを持つ子どもの将来を悲観して、自らの子どもの生命を絶ってしまったのだ。 「心情的に理解できるが、母親であっても子どもの命を奪うことは許され […]

いつか…、もう一つの就職活動

暑い7月。 今年も、学生たちの就職活動が終盤戦を迎えようとしている。 明と暗、はっきりと現れてしまう時期である。 余裕と焦り。 激しく錯綜し、葛藤する。